前へ
次へ

行政書士の合格率について

国家試験の中でもその試験の難しさで上位に入るのが行政書士試験です。今回はこの行政書士試験の合格率について説明していきます。まず、各年の合格率のだいたいの平均は6〜8%で推移しています。年によっては10%と上がったり、2%と落ち込んだりと開きがあります。試験の各年の難易度によって合格率は顕著に表れます。試験の合格には60%の点数が必要となるので、試験の難易度に左右されてしまうのです。近年は合格率が8%以上と連続していますが、この理由には弁護士を目指す人がこの試験を受けている影響が大きいとされています。よって、試験自体が易しくなっている訳ではないので注意が必要です。一般的に行政書士の試験は合格する人が少ないですが、この人数にはきちんと勉強していない人も含まれるので物怖じせずにしっかりと勉強の計画を立て挑めば十分にチャンスはあるはずです。

top用置換

top用置換2
Page Top